VISITお宅訪問

第3弾!「はじまりは大手ハウスメーカーへの問い合わせから」

2019年09月20日

おうち探しをご検討中のみなさま。
「資料請求してみたけど・・・」
「家探しの一歩目はどうしたらいいんだろう」
「他の人はどう決めているんだろう」

創建住販の家づくりだけでなく、住まいづくりのイロイロについて、体験談を聞いてみたい!ということでお引渡後のお施主様を訪問。

インタビュー記事の連載第3弾!
家探しの一歩目から、現在の生活まで教えてもらいました!

O 様ご家族 ( ご夫妻、猫 2 匹)
■土地面積 377.28 ㎡(114.13 坪)
■延床面積 117.28 ㎡(35.47 坪)
■3LDK+S ■木造 2 階建て

駅近のマンションにずっと住むんだって感じは無かったですね

―以前のお住まいは?

奥様(以降奥):駅近くの賃貸マンションでした。

 

―家を建てる話はどちらから?

奥:私が欲しいって言いましたね。マンションがあまり好きじゃなかった。夜、騒がしいし、上とかもうドンドン。立体駐車場もすごくめんどうで。ここにずっと住むんだっていう感じは絶対無かったですね。

ご主人様(以降主):俺はマンションで別にいいかなって思ってた。だから最初は嘘でしょ?みたいな感じだったよね。

奥:でも言ったらほしくなったよね。

主:そうだね、買おうかな、みたいな。

大手ハウスメーカーへ問い合わせ

―最初は大手ハウスメーカーへ問い合わせたそうですね。

主:そうです。ハウスメーカーの分譲地を見て問い合わせて。広い土地がほしかったんだけど、紹介された土地が小さくて、2区画買うしかないって言われたんだよね。でももう空きがなかったからそれもできなくて。しかも土地が小さいのに値段がすごい高い。ぼったくりなんじゃないかって(笑)。

 

―広い土地でやりたいことがあった?

主・奥:ゴルフの練習がしたかった。

―大手メーカーの展示場は行った?

主:展示場はよかったけど、分譲自体はなんか違ったよね。

 

―展示場自体は参考になった?

奥:うん。見に行ってよかった。

主:でもでかいし、ちょっと(笑)。

営業森(以降営):プランの相談もされてましたよね。

奥:見積りも出してもらいました。

主:普通だったよね。これが一流のハウスメーカーなの?って。金額も異様に高かったし、俺はなんの買い物をさせられるんだっていう。営業マンのやる気も半端なかったよね。結構グイグイきて。封筒がすごい豪華でかっこよかったね。

 

―展示場で土地の話はあった?

主:土地の話もしました。こんなのありますよーみたいな感じはありましたけど、そこから特に具体的にもならなかった。

 

―土地と建物でいくらくらい?

主:4500~5000万円近かったね。

―広さは?

主:土地は50から53坪くらいで建物は32坪無かったかな。

営:決めたのは110坪に建物35坪くらいで、総額はメーカーより安いですから、良かったですね。土地の情報量が違いますからね。

 

―当社の営業担当の印象は?

主:すげえおもしろいなぁって。ふざけあってるうちに家が決まった(笑)。

営:ほんとそうかもしれないですね(笑)。お土地もいくつか案内させてもらいました。

主:ここ見た瞬間決まったもんね。

 

―具体的に探し始めてどのくらい?

主:早かったですよ、2回目くらいで。

 

―瞬間で決まる物件の他との違いは?

奥:ビビッと。二人でいいねってなったよね。

主:ここに家が建ったらこうなるなってイメージができた。最初は土地の広さが分かんなくて、ここからここって言われても、広いのか?これ、みたいな。「坪」で言われてもよくわからなくて、「㎡」で言われてもピンと来なくて。

設計からの提案に、これだ!っと即決

―建物はどんな要望があった?

主:吹き抜けだけやりたかった。

奥:あとは特にないかな。

主:中原さんに任せてたよね。

 

―ご夫婦で意見は合った?

主:気分は別荘ですけど、まあいいなりですよね(笑)。奥さんが「これやりたいんだけど」で俺は「はい分かりました」(笑)。

―ご主人様の要望は?

主:外壁とトイレですね。

設計中原(以降設):トイレ悩んでましたね。

 

―打合せで一番盛り上がったところは?

奥:床。絶対床はこれがよかった。中原さんがこういう床もありますよって言った瞬間に、これだ!ってなった。

主:この床すごいいいよね。

奥:あとはキッチンかな。階段も気に入ってこれにしたよね。

主:工事途中までしばらくハシゴだったからどうなるんだ?ってイメージ出来なかったけど。

 

―設計の提案のポイントは?

設:要望+住み心地を考慮しないといけないので、風通しの面とか動線の面とか、そこは私から提案させてもらって。あとはOさんが描いている絵というか、それをマッチングさせるために、色々提案させてもらいました。

―設計の打合せは難しくなかった?

奥:細かく説明してくれたので大丈夫でした。

主:ひとつずつサンプルを見せてくれたのがすごいよかった。

奥:サンプル見れたのはいいよね。

 

―現場は見に来た?

奥:すごい来たよね。だいたい日曜日に来てたんですよ、気になるからって。主人が一番

主:まあ気には・・・。基礎の時はほんと人住めるのかってくらい小さく見えた。

 

―イメージが湧いてきたのはいつごろ?

主:(奥さんを指しながら)あなたは早かったよね。

奥:うん、なんとなくだけど。

主:俺は結構出来てから、ああこんな感じか!って。

倒れそうなくらい嬉しかった。

―完成を初めて見た時はどんな気持ち?

主:倒れそうなくらい嬉しかったよね。うわぁ、すげえこれ!って、びっくりしたよね。

奥:うん。

 

―思ってたよりよかったところはあった?

主:いやもう最高だよね。

 

―戸建に住んで生活が変わったと感じることは?

主:戸建の方が全然いいですね。広さが違うし、駐車場も近い。

奥:静かですしね、あと買い物が楽になった。

主:あとは近所の人だよね。

―戸建をもつ上で心配だったことは?

奥:メンテナンスだよね。修理とか、何かあったときに。

 

―当社のメンテナンス担当はどうですか。

主:面白い人だなーって。不具合も特に無いし。

奥:よくしゃべるよね、おもしろかった。

 

―ご両親の反応は?

主:親父来た時はバーベキューをやって、テンション高かった。母ちゃんは写真撮りまくってたし。俺長男なのに福島から来てるんで、複雑な気持ちとも言われましたけど。喜んでたんじゃないですか。

―他にお友達も呼ばれましたか?

主:庭でバーベキューしましたよ。

 

―反応は?

主:最高!

O様にキャッチコピーを考えていただきました!

営業担当 森 大輔

住まいづくりが『モリあがる』。
まるで友達のような親しみやすさで、物件を見て歩くのは楽しかった、とO様。

設計担当 中原 亮

プロ目線での提案から『しっかりアドバイザー』。
過ごしやすさを考えてくれたのも安心できたそう。

 

~編集後記~

二人の共通の趣味を楽しめる家を作るのってとってもわくわくしますね。
私は学生時代、軽音サークルで楽器をやっていたので、
小さくていいから防音のお部屋を一つ作れたらな~なんて妄想しています。
家を建てようかなと思った時、大手ハウスメーカーを思い浮かべる方も多いのかな
と思いますが、メーカーさんの金額には私も驚きました。
また、当社にお問合せいただく方の多くは、お土地探しから。
建物もこだわりたいけど、やっぱり住む環境が大切ですよね。
地元で約三十年、不動産部が始まりの当社だから、
不動産検索サイトに載っていない未公開の物件も、実はあったりするんですよ!
だからやっぱり土地は不動産屋さんだと改めて実感しました。
展示場は見てわくわくするので、アイディ集めに一度は行ってみたいですね♪。
自分が家を建てるときはセンス磨きのネット旅に出ようと思います。
当社のインスタグラムにもたくさんの施工例を投稿させていただいております。
チェックしてみてくださいね♪

PDF版はこちら1.68MB)