EVENTイベント

1月イベントが開催されました♪

2019年01月18日

 

 

1月のイベント【その時、ママがすることは?防災ママカフェ

 

が1月12日(土)開催されました♪

 

今回の会場は、当社ショールームから車で3分ほどのところにある

スカイリビングのコンセプトハウス

 

 

 

赤ちゃんがいる我が家で、自分と子どもだけの時に地震が来たら・・・

そんな時にどう備えたらいいんだろう?

今回は被災地の物資支援と取材を重ねた講師をお招きし、

東日本大震災や熊本地震で乳幼児のママの実際の経験談や当時の映像、写真を見ながら

「今ママとしてできることは?」を考えました。

 

 

 

 

皆さんにおたずねすると、食べ物は避難所に行けば配られる、と思っている人が多かったのですが、

被災地での避難所の実際の映像を見て我が家の準備の大切さを痛感します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「地震発生15分で生死が決まる。まずはその15分を生き延びてください。

子どもを守るためにはまず自分が助かることが第一。」と先生。

「地震での死亡原因1位は圧迫死。

たんすの下敷きになって亡くなったお子さんを思って何十年も悔やんでいるママもいます。

すぐにタンスは固定してください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常食については、

「おいしくないと子どもは食べません。

大人は頭で食べられるけど、子どもはそうではないので、

“非常用”にこだわらず、試食をして食べられるもの、食べ慣れたものを備えないと役に立ちません。

とのお話に納得。

 

 

 

さっそくみんなで【アルファ米】を調理し、試食してみることに!

 

【アルファ米】に水を入れ、ヒートパックで加熱します。

 

 

 

 

 

 

 

 

↑「こんな風に沸騰するんだね~。」

聞いたことはあっても使ったことはない非常用グッズ。

さっそく買わないと!の声。

 

 

 

20分ほどで炊きあがりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、どんな味かな?

うちの子は食べられるかしら?

みなさん興味津々です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味は五目ごはんやわかめごはんなどいろいろ。

今回先生が準備して下さった非常食はおいしいと評判のもの。

参加のお子さまは皆食べられました♪

 

 

 

 

 

 

始めはおもちゃで遊んでいた子ども達も、

映像が流れるとお父さん達と一緒に真剣な表情で見る様子が印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「地震はこわいもの」と話をしないでいては、こわくて動けない子ども

地球は生きているから地震は必ず来るもの

その時どうするのか、家族みんなでルール作りをしてほしい、と先生はお話されていました。

 

皆さんがお住まいの千葉県は被災地ではなく「未災地」です。

私も防災リュックを見直して非常用グッズを揃えようと思います。

食べ物ばかりになりがちですが、経験談から、マスクや水を入れる容器、生理用品などの備えもおすすめだそうです!

 

 

 

 

今回も、ウィッシュホームOBのご家族様、初来店のお客様、

たくさんの皆さまにご参加いただきました。ありがとうございました!

 

 

 

今年も昨年に引き続き様々なイベントを行っていきたいと思いますのでぜひご参加ください!

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております♪

 

 

以上、事業促進室の安江がお送り致しましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ♪